1. ホーム
  2. 抜け毛の原因
  3. 生活習慣
  4. ≫薄毛・禿げが嫌ならタバコはすぐやめよう@百害あって一利なし

薄毛・禿げが嫌ならタバコはすぐやめよう@百害あって一利なし

タバコ

『薄毛・禿げの対策として、どんなことをすることが考えられますか?』、このような質問をした際に、おそらく多くの方が育毛剤を毎日に活用することや、今使っているシャンプーをスカルプケア用の商品に変えることなどを挙げる方がほとんどだと思います。

たしかに、それらのアイテムを継続的に活用することは、育毛のためには大切なことです。私自身も、次の記事で紹介している『育毛剤・シャンプー・サプリメント』を毎日使用し続けていますし、それによる薄毛改善効果を実感しています。でうから、その点については異論はありません。
【2015年版】毛助が現在使用中の育毛剤・シャンプー・サプリ

ただし、それらを使用すると同時に生活環境を改善することが、薄毛治療のためにはとても重要です。

というのは、私たちの普段の習慣の中には、抜け毛の原因になるものあるからです。それらの習慣をストップしなくては、せっかくの良い育毛・発毛アイテムを活用しても、期待できる効果は得られません。

骨折をして足にギプスを付けて治療しているのに、足腰に負担のかかるサッカーをしては、いつまでたっても骨折は治りませんよね?それと同じことで、育毛剤や薬用シャンプーの効果を実感したいのなら、抜け毛の原因となる習慣はやめましょう。

そして、何よりも先にやめて頂きたい生活習慣が【タバコを吸うこと(喫煙)】です。

喫煙の大きな問題は血流が悪化すること

タバコ

タバコが薄毛になる原因としては、次の記事でも紹介したように、『血流低下』、『頭皮の潤い低下』、『男性ホルモン増加』、『活性酸素が増加』などの理由があります。
タバコが薄毛の原因となる4つの理由@健康被害だけじゃない

それらの中でも、特に問題となるのが『血流低下』です。私たちの髪というのは、毛母細胞が毛細血管に流れる血液から栄養を受け取ることで成長します。そのため、発毛・育毛には毛細血管のすみずみまで、血液が流れることが重要です。

しかし、タバコに含まれるニコチンには、血管を収縮させるさせる働きがあります。ですので、喫煙をすると髪の成長に必要な栄養が届けられません。結果、毛は満足の栄養を受け取ることができずに、健康な毛髪が生まれにくい状態になり、禿げる原因につながります。

血流

これが、喫煙が髪にとって悪影響を与える理由です。また、タバコは髪に悪いだけでなはく、約60種類の発がん性物質が含まれているため、健康面でも良いものではありません。最近では税金の影響で、どんどん値上がりしているため、喫煙は金銭的にも非常にもったいない行為です。

例えば、マルボロのような銘柄一箱が460円です(本記事執筆時点)。一日一箱としても、1ヶ月31日間吸い続ければ、14,260円にもなります。そして、この値段は今後、おそらく上昇し続けます。それだけのお金を払って、髪にも体にも悪いタバコを吸い続ける価値は、本当にあるのでしょうか?

もちろん、そんな価値はありません。喫煙をしている方も、それは理解しているはずです。タバコをやめることは確かに難しいことです。私も20代前半までは、喫煙をしていたのでその気持ちはよく分かります。

しかし、タバコは百害あって、一利なし無しの生活習慣ですので、髪と健康とお金のために、すぐに禁煙に取り組むことをお勧めします。

禁煙なんて、失敗しても何回もチャレンジすれば良いのですから、軽い気持ちでぜひ禁煙にトライをしてください。タバコを吸い続けても、将来には何も残りませんからね。

あなたにぴったりの育毛剤がみつけるならコチラ!

育毛剤の比較表
こちら(↑)のページでは、人気の育毛剤5商品を徹底比較して評価しています。自分にぴったりの育毛剤がどれかを知りたい方は、ぜひチェックしてみてください。

本当に効く育毛剤ランキング!

育毛剤ランキングベスト5
こちら(↑)のページでは、さまざまな育毛剤を成分・浸透力・コストパフォーマンスなど全7項目で詳細に評価したランキングを紹介しています。本当に効く育毛剤はどれだ!?
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.