1. ホーム
  2. 管理人の育毛方法
  3. コラム
  4. ≫発毛のために、膝が疲労骨折してもジョギングを続けた話

発毛のために、膝が疲労骨折してもジョギングを続けた話

ジョギング

発毛や育毛ためには体内の血流をアップさせることはとても重要になります。そもそも、発毛促進剤であるリアップX5やロゲインに配合されているミノキシジルだって、その作用は血行を促進させることです。

作用を詳しく解説すると、血管を拡張させて血流をよくすることで、毛母細胞の働きがよくなり、アデノシンを分泌させて、発毛のキーとなる細胞増殖因子の生成を促しているのですが、要は血行をよくするからそのような働きを期待できます。

つまり、発毛や育毛のためには体内の血流をアップさせることが、とても重要になってくるわけです。

そして、血行をよくする行為は何もミノキシジルを使うことだけではありません。普段の生活習慣を改善することでも、対策はできます。

例えば、その1つが体を動かすことを習慣化することでしょう。ちなみに、私自身も薄毛対策に取り組んでからは毎日仕事が終わってから、ジョギングすることを始めました。

ランニング

ただ、私は性格上かなりストイックなところがありまして、やると決めたらとことんやらなくては気が済まない性質なんですね。当時はジョギングも毎日欠かさず1日1時間、距離にして10キロ近くは走っていました。

『10キロなんて、たいしたこと無いでしょ?』と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、それまで全く運動していなった私のような人間からしてみると、なかなかハードな内容だと思います。

ですが、「これで髪を生えるなら1日10キロくらい走るなんて、全然構わない。何キロだって走ってやる」と本気でか考えていました。

そして、私の場合はジョギングを開始してから2週間くらいして、膝に激痛が走るようになったんですね。しかし、髪を生やすためにですから、休んではいけないとその日以降もジョギングを続けました。

ただ、それから3日ほどすると歩くのも困難くらいに、膝が痛くなったんですね。そうなると、通勤にも差支えますので、さすがに病院に行きました。そこで、分かったのが膝の疲労骨折でした。どうりで痛かったはずです^^;

普段、運動してなかった人間が急に毎日10キロも走りだしたので、ジョギングでも疲労骨折をしてしまったんですね。

骨折

もちろん、そのような状態になってはジョギングなんてできませんので、結局骨折から回復するまで1ヶ月以上は運動するのは休まなくてはいけませんでした。

しかし、血行促進のために毎日10キロも走らなくてはいけないのかというと、決してそんなことはありません。1日30分のウォーキングでも十分だと、今の私は考えています。私自身も骨折から回復してからは、週3回で1日30分程度を軽く走っているだけですからね^^

ウォーキングする人

それでも、何もしていないときと比較して、髪にハリは出ていると感じていますので、ジョギングやウォーキングはかなりお勧めです。

何も私のように疲労骨折するまで走る必要はありませんから、ぜひ血流をアップさせて発毛を促進するために、簡単な有酸素運動を生活習慣に取り入れてくださいね。

なお、すでに有酸素運動には取り組んでいて、さらに薄毛改善のために育毛剤やサプリメントの使用を検討したい方は、次の記事をご参考にしてください。
【2017年版】毛助が現在使用中の育毛剤・シャンプー・サプリ

当サイト管理人の毛助が現在、実際に使用しているAGA改善のためのアイテムを紹介しています。

あなたにぴったりの育毛剤がみつけるならコチラ!

育毛剤の比較表
こちら(↑)のページでは、人気の育毛剤5商品を徹底比較して評価しています。自分にぴったりの育毛剤がどれかを知りたい方は、ぜひチェックしてみてください。

本当に効く育毛剤ランキング!

育毛剤ランキングベスト5
こちら(↑)のページでは、さまざまな育毛剤を成分・浸透力・コストパフォーマンスなど全7項目で詳細に評価したランキングを紹介しています。本当に効く育毛剤はどれだ!?
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.