1. ホーム
  2. 基礎知識
  3. 生活習慣
  4. ≫薄毛改善に必要なシャンプーの回数@洗いすぎは逆効果なの?

薄毛改善に必要なシャンプーの回数@洗いすぎは逆効果なの?

シャンプーをする男性

薄毛改善に取り組むの人の多くは、シャンプーのことについてすごく気にされます。「自分はAGAかもしれない」と悩んでいる人のほとんどが、まずシャンプーを変えることから育毛を始める傾向にありますからね。

私自身、29歳の頃に生え際の薄毛が気になりだした時には、『急いでスカルプDを使わなくては!』という気持ちになりました。そして洗えば洗うほど発毛には良いんだと思い込んでいたので、1日2回はスカルプDでシャンプーをしていたんですね※。

スカルプD

※スカルプDは高額な値段の割に、成分がそれほど高く評価できるものでは無いと判断したので、3年前の32歳の頃に使用をやめました。現在は別のシャンプーを活用しています。

ですが、そのような行為が本当に薄毛改善にとって良いものなのでしょうか?

残念ながら、育毛シャンプーと言えでも、それで洗い過ぎることは頭皮にとってはマイナスの影響を与えてしまいます。そのため、育毛どころから薄毛を早める可能性だってあるんですね。

6年前に戻って、29歳の頃の自分に『スカルプDでいくら洗っても髪は生えないぞ!、そんなに使い過ぎるのは止めろ!』と教えてあげたいです^^;

ですから、いくら育毛シャンプーやスカルプシャンプーであったとしても、1日何回も洗うことはお勧めできません。では、洗髪の頻度はどのくらいにするべきなのでしょうか?

シャンプーは原則1日1回まで

そもそも頭を洗いすぎると薄毛につながる理由は、必要な頭皮の皮脂まで取ってしまうからです。このようにお伝えすると、『皮脂は悪者だから、取った方が良いに決まっている』と言う方もいるかもしれません。

しかし、それは間違った考えです。髪を育てるためには、その土壌である頭皮に適度な湿度があることが重要になります。頭皮が乾燥した状態では、抜け毛が増えるためしっかりと髪を育てることができないですからね。

そして、頭皮の保湿のためには、皮脂が重要になってきます。ですから、適度な量の皮脂は薄毛対策には必要となるわけです。

なお、シャンプーの頻度についてですが、1日1回が私はベストだと考えています。これにはきちんとした理由があり、シャンプーで失われた皮脂が元の状態に戻るまでの時間が約24時間と言われているからです。

そのため、24時間間隔で頭を洗っていれば、皮脂の不足や過剰になることが無く、適度な量を保つことができると言えます。薄毛対策にはとにかく育毛シャンプーで洗うことが重要と考えている方は、頭皮環境を改善するためにも、洗髪は1日1回までにしましょう。

ちなみに、『皮脂をしっかりと取らないと、ハゲにつながる』というのは、シャンプーメーカーや育毛・発毛サロンが自社の商品を売るためにはアピールしているイメージ戦略です。過去の私も、そんな戦略にまんまとハマってしまった一人と言えます^^;

記事中で紹介したように、薄毛改善のためには適度な皮脂が必要となってきますので、その点をしっかりと理解した上で、シャンプーのやり過ぎは気をつけましょう。頭を洗うのは、夜お風呂に入るときの1日1回で十分ですよ^^

あなたにぴったりの育毛剤がみつけるならコチラ!

育毛剤の比較表
こちら(↑)のページでは、人気の育毛剤5商品を徹底比較して評価しています。自分にぴったりの育毛剤がどれかを知りたい方は、ぜひチェックしてみてください。

本当に効く育毛剤ランキング!

育毛剤ランキングベスト5
こちら(↑)のページでは、さまざまな育毛剤を成分・浸透力・コストパフォーマンスなど全7項目で詳細に評価したランキングを紹介しています。本当に効く育毛剤はどれだ!?
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.