1. ホーム
  2. 基礎知識
  3. 生活習慣
  4. ≫オフィスに長時間いる人は禿げやすい【働き過ぎは要注意!】

オフィスに長時間いる人は禿げやすい【働き過ぎは要注意!】

頭を抱える男性

最近になり、日本社会では『ブラック企業』が非常に問題になっています。ブラック企業とは、従業員に対し労働法に抵触する、あるいはグレーゾーンの労働環境で長時間労働を強制する会社のことです。

また、たとえブラック企業で働いていなくても、毎日終電間際まで長時間働いていて、家には眠るためだけに帰っているという方も多いのではないでしょうか?

そのように長時間でオフィスでいることは、健康面では必ずしも良いことではありません。そして、体だけでなく髪にとっても非常に悪いことです。

過重労働の結果、ほとんどの方が『ストレス』と『睡眠不足』を感じるようになりますが、そのいずれも薄毛の原因です。

2つの内で、ストレスは男性ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)を増やす働きがあります(以下の記事参照)。そして、DHTは非常に活性の強い男性ホルモンであり、AGA(男性型脱毛症)の主要な原因の1つです。
ストレスは男性ホルモンDHTを増やして抜け毛の増加につながる

そして、残りの睡眠不足も薄毛の原因になります。

その理由について、私たちが発毛するためには、体内から成長ホルモンが分泌されることが大切ですが、そのホルモンを多く分泌するためには、規則正しい睡眠が必要だからです(詳しくは次の記事をご覧ください)。
睡眠は発毛に重要@仕事が忙しくてもゴールデンタイムに寝よう

しっかりと寝ることができていない方の場合、成長ホルモンが分泌されにくい状態になっていますので、髪に成長も鈍化していきます。

以上が長時間労働が薄毛の原因になる理由です。ただし、それら2項目以外にも、オフィスに長時間いること自体の問題もあります。その問題というのがオフィスの密閉性です。

密閉度が高いオフィスは空気がよどみやすい

密閉度の高いビル

オフィスが大型のビル内にある方の場合、窓を自由に開き閉めすることができずに、装置が自動で空調を行っているというところも多いかと思います。

その空調設備の稼働状態が悪い場合、空気がよどみやすく新鮮な酸素を体に取り入れることが難しくなってしまいます。髪の成長のためには、栄養と同じく酸素も必要になるのでこれでは育毛にとっては良くありません。

そんなオフィスに長時間いることは、抜け毛・薄毛の原因になりますので、残業は極力減らして出来るだけ早く帰宅するようにしましょう。

それから、勤務中も新鮮な酸素を取り入れるために、定期的に外へ出て深呼吸をするようにしてください。

息抜きをするリーマン

なお、長い社会人生で一時的に長時間労働になる期間というのは、どうしてもあるかと思います。私も20代の後半の頃には、毎日終電帰りまで仕事をする生活が続いてしましたので。

ただ、そのような生活を続けることは、髪に全くよろしくありません。将来禿げたくない、これ以上抜け毛を増えるのはイヤという方は、無理のない範囲で仕事に取り組まれるべきです。

私自身の場合がそうでしたが、意外と自分がいなくても仕事は回るものです。全部一人で抱え込まず、あなたが所属している課や室の同僚・後輩にも、任せられる範囲で仕事をお願いしていくことをおすすめします。

あなたにぴったりの育毛剤がみつけるならコチラ!

育毛剤の比較表
こちら(↑)のページでは、人気の育毛剤5商品を徹底比較して評価しています。自分にぴったりの育毛剤がどれかを知りたい方は、ぜひチェックしてみてください。

本当に効く育毛剤ランキング!

育毛剤ランキングベスト5
こちら(↑)のページでは、さまざまな育毛剤を成分・浸透力・コストパフォーマンスなど全7項目で詳細に評価したランキングを紹介しています。本当に効く育毛剤はどれだ!?
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.